読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を大切にして、生きてみる

いまから、ここから、やってみる。日々の記録。

元だんなに感謝しかない一日で、我ながらびっくり。

こんばんは。

カオリです。


自分で自分を幸せにする生き方を始めて3カ月半。


今日、元だんなが家に来てたんですが、今日一日を振り返ると、元だんなに対して感謝ばかりだったことに驚きです。


まず、3週間海外出張に行っていて久しぶりに家に来たんですが、まず、来てくれたことがうれしくありがたい。


で、出張のお土産を買ってきてくれたんだけど、子どもたちだけじゃなくわたしにも服とワインを買ってきてくれた。

毎年この時期に行ってる出張で、リコ前も離婚後も、毎年わたしにも買ってきてくれてたんだけど、今までは、買ってきて当然と思ってたし、もらっても「何このセンス」とか思ってた(^_^;)

それが今回は、めちゃうれしかった。

(センスが今回はよかったとかではなくて。)

で、

「ありがとう!わたしにも買ってきてくれてありがとう」

と伝えた。


そしたら、「えっ?!」って顔してた。

今までももちろん、ありがとうとは言ってたけど、今回は本当にありがとうと思ってたから伝わるものが違ったんだろうな。


お昼は楽しく外で食べて、午後子どもたちと楽しく遊んでくれてありがとう。


夕食の買い物も、子どもたちといてく」るから一人で行けてありがたかった。


その後、出張の疲れからか体調が悪くなってきたと横になってたのだけど、以前ならここで、仕方ないとは思いつつ「なんのために来たんだよ!使えないなー」とか(^_^;)イラっとしてたのが、全然そうじゃなくて、

「ごめんな。もうちょっと寝てたら治るから」

という彼に、

「いいよいいよ、気にしないで横になってて」

と心から言えた。


で、何度も謝るから最後なんて、肩に手置いて

「ここも(あなたの)家」

って笑顔で言ってる自分がいてびっくり。

前なら絶対言えなかったぞ。


うーん、我ながらすごい!


感謝ばかりって、なんて穏やかなんだろう。

「人の気持ちを考える」ことをやめた

こんにちは。

カオリです。


タイトルの通り、最近、「人の気持ちを考える」こと、人の気持ちを考えて行動する」ことをやめました。


真穂さんのコース受講してる途中からなるべくそうし始めてはいたけど、このところ、子どもたちが、

「こう言ったらこう反応するだろうなあ」とネガティヴ方向にわたしが想定していたことを見事に覆してくれて、

「わ!あれはほんとに全部わたしの妄想、幻だったんだ。。。」

とわからせてくれる出来事が連発。


そして、おとといからはさらに加速。

上の子がアスペルガーと診断されて、

http://kkaorim.hatenablog.com/entry/2017/03/22/232451

アスペルガーについていろいろ調べ、遺伝的要因のことも書いてあったから「もしかしてわたしも?」とか思いつつ読んでいたところ、アスペルガーの特徴として、

・人の気持ちがわからない

ということが書いてあって、自分にアスペルガーの傾向があるかどうかはさておき、

「わたしってそもそも、人の気持ちってほんとにわかってたのかな?

その時その相手の気持ち、をわかるっていうより、単に、それまで遭遇したり見聞きしたことのあるケースから可能性が高いのを頭で考えてはじき出して対応してただけなのでは?

相手のこと考えるっていうより、無難な対応選んで自分が怒られたり反感買ったりしないようにしてたことが多いのでは?」

と思いました。


「人の気持ちを考えなさい!」

って言われるから、社会でもそれができないのはダメなやつと思われるからそうしてる、できるフリしてたけど。



で、そのことと、上で書いた、子どもたちが教えてくれた幻のことを考えあわせると、


それなら、いっそ、相手の気持ちなんか考えずに、自分が思った通りのこと言って、それに相手が反応してきたら、そこに対して対応したほうがよっぽどまともなコミュニケーションなのでは?


人の気持ち下手に考えて行動したら、取りこぼすのでは?


と心から思ったのです。


で、アスペルガーのこと調べてたら、女性のアスペルガーって男性のと違って見落とされやすいらしいんですが、その特徴がもう、ものの見事にほぼ全部かなり強くわたしの上の姉に当てはまってたので、長年鬱とその周辺症状と本人も周りも思ってたけどアスペルガーなのかも!そしたらいろんなことの対応方法変わるじゃん!と思い、姉に

「お姉ちゃんアスペルガーかも?!」

ってメールしました。


言い回しは多少考えたけど、前みたいにやたら相手の気持ち考えるふりの言葉入れず。

そもそも前だったら、お姉ちゃんにそれを伝えるべきかどうかかなり悩んで、真ん中の姉に相談して、またふたりであーでもないこーでもないとこねくり回してたと思う。


もー、そんなんムダムダ!

気持ち悪すぎる。

お互い中に入ってるのがなんなのかわからない粘土の塊みたいのの表面をなで合ってるみたいな。

そんなんしてたらあっという間におばあちゃんなるわ。


相手の気持ちはなるべく考えない!

自分の気持ちはしっかり見る!


もう、サクッサク、スパーッと行こ♡




「重く捉える」は、ほんとブレーキだったんだ

おはようございます。

カオリです。


最近、なんにせよ、自分で勝手に重くしない、重く捉えない、軽く♡するようにしてます。


そうしてみると、「重く捉える」って、ほんとにブレーキだったんだなって感じる。


そりゃそうだよね、重いんだから進みにくいの当たり前(笑)


当たり前、なんだけど、

「軽く捉えるな!」

「ちゃんと考えてるのか?!」

と言われ続けてわたしは、何事も重く捉えるほうが賢い、軽く捉えるのはバカ、しっかり考えないのもバカ、だから重く捉えよう、重く捉えてるフリだけはせめてしよう、怒られないように、、、として来たんだな。


なんて馬鹿馬鹿しい!


もうそんな馬鹿馬鹿しいことやめます。


軽く捉えるからって何もしないとかじゃなく、軽く捉えるからサクサク行動にも移せるわけて。


いちいち、重く捉えて、重く考えて、重く決断して、重く行動、、、してたら時間かかるっつーの。


もうなんか、重く捉えさせないと、「先生」とかのケンイとか、いろんなショーバイとかが儲からないとかなんか、そんなのの陰謀なんかな?


あほらしー。


さ、ここでも、

「今までそんな風にしてきてしまった。。。長年してきたこと、変えられるのかな。大変だろうな。。。」

なんて重く捉えないで、サクッと変えてきます♡


子育てについての設定変更♡

こんばんは。

カオリです。


今日、上の子が、軽度のアスペルガー症候群と診断受けました。


それで、いろいろ明らめた!


その前に、昨日からいろんな流れが完璧で、子どもたち2人が、わたしがどんなに幻見て無意味に心ダークに震わせてたか見せてくれてて、もっと言うなら、今行くことになったことも完璧で。


経過は省くけど、明らめた結果、今までわたしは、

「子どもは母親が作る。親がエラい。」

という設定があったことを発見。

(もちろんそんなこと思ってないつもりでしたよ。)


で、設定変更。


「子どもは大丈夫。自分で育つ。」


サクッと変更して、軽〜く子育てしよ♡



子どもがアスペルガーって診断された日にこんなことのたまうなんて、半年前ならわたし自身全然信じられなかっただろうな(笑)

さきこさんからのアドバイス

こんばんは。

カオリです。


ここのところ、いくつか、苦しい出来事が起きていて、取り組んでいます。


その中のひとつは、今に始まったことではなくよく出てくるパターン(子どもがいるとやりたいことを思うように進められない、というような内容)なので、一歩前に進めたく、Facebookのフォローページでさきこさんに相談してみました。


そうしたら、このようにアドバイスいただきました。


↓↓↓


………


まとまった時間がないと取り組めない、


何かやるには大きな力がいる、


というような設定がないですか?

サクッと一行でも書いてみてもいいですよ!

一行でも、気持ちを少しでも書くと、次の展開に進めます💕


サクッと軽くでもいいですよ🤗


………


このアドバイスに基づき、今までは夜子どもを寝かしつけてからノートに向かっていたのですが、仕事中でも家事の合間でも子どもと遊んでる間でも、感情を書き留めるようにしてます。


そうすると、確かに、苦しくても、その苦しさでぐるぐるせず少しずつ前に進める感じがします。


まだ苦しさあるんだけど、引き続き書き続けてみます。


そして、苦しさをちゃんと見つつも、サクッと軽く💕を心に留めつつ!


春分の日の手放しと決意

こんばんは。

カオリです。


今日は春分の日ですね。

真穂さんのセミナーも、きっとすっごかったんだろうな。


わたしは昼間断捨離を進めて、夜はお風呂にお酒と塩を入れて入ったり、浄化を意識して過ごしました。


そして、春分の日にわたし、手放しました。



他人の評価という幻を見続けて、心をざわつかせること。震わせること。

そして、それを自分が幸せになるのを止める原因に勝手にすること。



わたしはもう、事実だけを明らかに見て、サクッと軽く幸せになります♡



これにはっきり気づかせてくれて、決意に至らせてくれたのは、実はこのブログのおかげ。


ここ1週間くらい、アクセス数がガタ落ちで読者数も急にピタリと増加が止まり。


気にしてないふりをしながらも、なんだか不安になったりなんだかイライラしたりしてました。


「わたし調子に乗って、ずれてきちゃってたのかな。増長しすぎ?」

とか。。。


でも、気持ちをよく見ていっているうちに、気づいたのです。

それ、いつものやつだ。

「やっぱりわたしって、だめなんだ。ほら、みんなこういう対応してる。。。」

って勝手に自信なくして小さくなる。


で、考えてみたら、1週間前ってさきこさんのセミナー行ってからで、わたし、それまで主たるアウトプット先がブログだったけど、セミナー後からはとにかく小さいこともノートに書く!に集中してて、しかも、さきこさんに教えてもらった通り、無理に結露出さないようにしてる。


だから、ブログに意識あまり向いてないし、「ブログにこう書こう♪」みたいに結論めいたことに頭回さなくなった。


そりゃ読む人一時的に減ったとしても当然。

そこ、気にすることじゃない。

ステージアップしてる真っ最中なんじゃん!


自分の状況がそうなのに、勝手に「自分がダメなのかも。。。」と妄想して勝手に歯止めかけるバカバカしさ!


そのわたしの解釈だって幻。

よりましに感じられる幻取って一時的に安心するんじゃなく、幻に惑わされるの自分で止めてく。


もう手放します。


サクッと軽く進みます♡


大切にされて、豊かに安心して過ごします。


そして、幸せになります♡

20年以上前に抑えつけた女性性が出てきた

おはようございます。

カオリです。


今朝、子どもがふざけていて、その危害(というほどのことではないささいなこと)がわたしに及びました。


その時、ものすごーーーく嫌だった。

すごくすごく嫌だった。


でも、子どもがそういう風にふざけていたことは全然悪いことではないし、わたしに危害が及んだことで、子どもが「あっ、やっちゃった!」って思ったのもわかった。


以前ならそこで、

「怒ることじゃないし、この気持ち早くおさめなきゃ。」

と思ってがまんしたり、感情解放のメソッドをちょっと勉強してからは、解放しようとしたりしてました。


でも今朝は、「この気持ちを存分に感じよう」と思って、さらに、その場ではすぐノートに書ける環境じゃなかったから、頭の中でノートに書いてるイメージで、感じたことどんどん出していった。


そしたら、パッと浮かんだ情景。


20数年前、初めての彼氏との間であったこと、が出てきた。


「あ、わたしあの時全然嫌と思わなかったけど、むしろ彼が喜ぶならと進んでしたけど、嫌だったんだ。。。」



自分がいかに女性性を無視して抑えつけ続けてきたかに愕然としたけど、今からひとつひとつ大事にしていこう。