自分を大切にして、生きてみる

いまから、ここから、やってみる。日々の記録。

そっか、わたしは、悲しかったんだ。心細かったんだ。

こんにちは。

カオリです。

 

ちょっと更新の間があきました。

 

ここ2週間くらい、心の中でどんどん大きくなって、もうパンパンに膨らんできて苦しかったものの塊が、今日、やっとぼろっと取れました。

 

この2週間、すごく疲れていて、それを、生理とか年度の変わりめの仕事の忙しさかなとか思っていたのですが、それらが落ち着いても終わらなくて、それどころか日を追うごとにひどくなっていき。

 

ようやく、先月ブログにも書いた、上の子がアスペルガーと診断されたことについて、わたしは何かちゃんと見れていないものがあって、それが原因なのではないかと見当がつきました。

あの時すぐに「子育てについての設定変更!」って書いたけど、何か根っこのほうのこと見れてない気がする。

でも、いろいろ書き出しても、苦しさは増す一方。

 

おととい、仕事が久しぶりの休みだったので、「休めてなかったからかも。百貨店に行って花瓶とか服とか買おうかな♪」とか思っていたら、午前中にやっと聞けた真穂さんの音声と真穂さんのブログで、まさにまぎれもなくわたしに向けてのメッセージがあり・・・。

 

ほんとに、さすが真穂さん。

わたしの苦しさと救いを求める声(自分で自覚もしてなかったけど)が届いたとしか思えません。

本当にありがとうございます。

 

その時は正直、すでにどうしたらいいかわからなくているのがもう、さらに、言われていることわかるけどどうしたらいいかわからなさ最高潮で撃沈して、もうどっしーーんって沈み込んでました。

 

あまりに苦しくて、昨日の朝書き出しながら、「何かヒントください!」とノートに書いたら、仕事中ふいに「わたしは、上の子がアスペルガーって診断受けて、悲しかったんだ」って、降ってきました。

 

そうか、悲しかったんだな・・・。

あの時、思いがけずいきなり診断名言われて、思ったほどショックじゃなかった!って思っていたけど、自分でも目にもとまらぬ早業で気持ちを押し隠しただけだった。

 

それでも昨日は、仕事中だったのもあり、そこまでだったのだけど、今日、仕事が休みだったのでエステに行って全身オイルマッサージしてもらってきてゆるんで(ちなみに、そこで「毎日がんばってますものね。どうしてもがんばっちゃう人なんですよね」って言われて、そう言われてうれしい人もいるのかもしれないし、今までだったらわたしも「そうそう」って思ったのかもしれないけど、今となってはダメ出しとしか・・・(笑))家に帰って老廃物が流れ出てる感じのだるさでぐたーっと横になっていたら、「悲しかった」って気持ちがめっちゃあふれ出てきて、声を出してわんわん泣きました。

 

診断されたときの光景とか、その後職場(保育園。子どもも行っている)で同僚にそのこと言ったときに、励ますように言われたいろんなこと、個性だとかアスペルガーの人はむしろ天才肌とかいろいろ、それを言われたときの感じがバーッと浮かんできて、そのとき、そのひとつひとつのとき、わたしすごく悲しかったんだな、って。

今も悲しいな、って。

 

でも、それを悲しいって思うことがいけないと頭で一瞬で決めつけて、ぎゅっと奥のほうに隠してたんだな。その都度。

悲しいって思うってのは、バカな親がすること、みたいな。

 

それで、悲しいなと感じてわんわん泣いているうちに出てきたのが、「心細いよー」って気持ち。

 

そうか、わたし、ひとりで子育てしていて、心細いんだ。

 

今書いていても、「ひとりって言っても、元だんなも関わってくれているし保育園もあるし、子育ての仲間もいるし!」って、即座に注釈が心の中でも入るんだけど、やっぱり、事実いま基本家で主に子育てをしているのはわたしひとりで。

それを、わたしは心細く思っている。

それを担っていることが心細くて、まったくリラックスできていない、安心なんて全然できてない。

 

この気持ちも、生き方を変えればそう見えないはず!みたいな感じで、見てなかった、奥にぎゅぎゅっと押し込んでた。

 

それで、それがやましくて苦しいから、すべてにおいて以前のやり方(被害者になるとか人と比較するとか)を出してくるんだけど、もう、それすら元のようには戻れない(自分の責任ってわかってるから)ので、逃げれば逃げるほど苦しさが増してました。

 

このふたつの気持ちが見えて、日々どんどん膨らんでた苦しさの塊がボロッと取れた感じで、ほっとしてます。

 

もっとこれらの気持ち見ていくけど、まずはこのほっとした気持ちを味わおうと思います。

気づいたら、お財布にレシートがたまらなくなってた

こんにちは。

カオリです。


この前買い物に行ってお財布を出した時、ふと気づいた。


「あ、お財布にレシートたまらなくなってる!」


以前は、たまったレシートを(家計簿はつけてません)捨てる時に、

「わ!2カ月も前からのがたまってた!」

と自分でびっくりしてたわたし(^_^;)


それが今は、

「ためないようにしなきゃ」

なんて思わなくても、全然たまらない!


お金の使い方とお財布の中身を変えてから、あっさり変わった。


極力クレジットカードから極力現金生活に変え、ポイントカードは捨て、お財布の中に数千円〜2万円くらいしか入れていなかったのを新札で20〜30万円入れることに変えたら、もう豊かさしかないお財布に変わったんです。


今までわたしのお財布にたまってたレシートは、「使ってしまった」お金への未練みたいなものだったのかも。


今は、お金使って、豊かさ受け取ったら、以上!それで完結!

そしたら、使いすぎた、、ってこともないし、家計簿つけなきゃ!ってこともない。

そうなったらレシートはもういらない。

すぐ捨てることに全然罪悪感ないし、お財布の中素敵だと、レシート入れとく気にならない。


うーん、収入が増えたわけじゃないのにほんと豊かになった♡


あ、わたしがお財布やお金の使い方そう変えたのは、真穂さんや藤本さきこさんがおっしゃってることを素直にやってみたのです。

わたしの記事だけ見たらなんでか全然わからないと思うので、興味あったりなんか感情動くという方はおふたりのブログとかさきこさんの本「お金の神様に可愛がられる方法」読んでみてください。




「どうでもいい人」が増えた幸せ

こんにちは。

カオリです。


今日職場で、

「あの人、あの人、あの人、、、ほんっと、どうでもいいなあ。

あー、楽。

あー、幸せ♡」

としみじみ感じました。


今思えばだけど、3か月くらい前まで、ハリボテのプライドで完全防備していた時は、「どうでもいい人」ってものが存在しなかった。


嫌いな人、苦手な人はいたけど、「どうでもいい人」はない。

誰もかれもが、そのわたしの中身のないプライドを中身のあるもののように見せてくれる証人でなければならなかったから。

でも、中身がないんだからそれが苦しい作業になるのは当然、安心できるものになるはずもなく(^_^;)


そんな風にして保たないと(ていうか保ててない)いけない空っぽなものを「プライド」と呼ぶのすら恥ずかしすぎる。。。


真穂さんのコース受けて、まだ残ってはいるけど、そのハリボテプライドだいぶ捨てられて、対人関係がほんっとーーに楽になった。


不思議なことに、「どうでもいい人」になると、嫌いとか苦手じゃなくなってくることも多く、全然構えずに話せるし、ほんと平和です♡



真穂さんのおかげで、また自分の設定(かなり肝)に気づいた!

おはようございます。

先日、真穂さんのブログ見たらわたしの記事紹介してくださっていた!

 

santasantasan.hatenablog.com

めちゃうれしかったです♡

 

が!

うれしい♡の後に自分の中にむくむく湧いてきた気持ちがあやしい!

 

実は、ご紹介いただいた記事書きた時、最後にもう一つエピソード付け加えようかと思ったんです。

でも、いまいちまとまり悪いかなと思ってやめたんですよね。

 

そのことが思い出されて、

「あーっ、あのエピソード書いとけばよかった〜。もっとみんなにすごいって思ってもらえたかも〜〜。あー、失敗したぁ。」

 

これが何度も心の中でリピートされる。

 

まず、そもそも、ブログに書かなくても、真穂さんに紹介してもらわなくても、自分としてはあの日幸せだった。以上!だったはずなのに、他人目線の勝手な幻見て勝手に失敗!とか思ってる。

 

のもあるけど。

 

これって、かなりよくあるパターン、って感じてよく見てみると。。。

 

そうか!

 

わたしには、

「もらえるときには取れるだけ取っとかないと損」

っていう設定があったんだ!

 

もらえたはずだけどもらい損ねたもの、という幻を見て悶える。

 

で、受け取ったもの台なし。

 

例えて言えば、スーパーでみかん袋に詰め放題300円とかで、20個袋に詰め込んでほくほくと帰ったら、家に帰ってもう一個入りそうな隙間発見して、もう、その一個のことで頭いっぱいで、買った20個のみかんの味全然わからない、みたいな。

 

もう、アホ。

 

「取りこぼさないぞーっ」とがめついわりに、全部取りこぼし。

 

なんか、受け取ったあと

「もっともらえるものあったんじゃない?」

みたいなチェック入る。

 

これがわたしだった。

 

これ、ポイントカード使うのやめたから気づけたかも。

「あっ、今日ポイントカード忘れてきた〜っ!」

で、ポイントつかなかったために買ったものの豊かさちゃんと受け取れないのと似てる。

 

で、設定変更!

 

「わたしは、受け取ったもの喜びを感じて、それを味わうことを大事にします♡」

 

真穂さん、また大事なことに気づくきっかけくださり、ありがとうございます♪

 

 

元だんなに感謝しかない一日で、我ながらびっくり。

こんばんは。

カオリです。


自分で自分を幸せにする生き方を始めて3カ月半。


今日、元だんなが家に来てたんですが、今日一日を振り返ると、元だんなに対して感謝ばかりだったことに驚きです。


まず、3週間海外出張に行っていて久しぶりに家に来たんですが、まず、来てくれたことがうれしくありがたい。


で、出張のお土産を買ってきてくれたんだけど、子どもたちだけじゃなくわたしにも服とワインを買ってきてくれた。

毎年この時期に行ってる出張で、リコ前も離婚後も、毎年わたしにも買ってきてくれてたんだけど、今までは、買ってきて当然と思ってたし、もらっても「何このセンス」とか思ってた(^_^;)

それが今回は、めちゃうれしかった。

(センスが今回はよかったとかではなくて。)

で、

「ありがとう!わたしにも買ってきてくれてありがとう」

と伝えた。


そしたら、「えっ?!」って顔してた。

今までももちろん、ありがとうとは言ってたけど、今回は本当にありがとうと思ってたから伝わるものが違ったんだろうな。


お昼は楽しく外で食べて、午後子どもたちと楽しく遊んでくれてありがとう。


夕食の買い物も、子どもたちといてく」るから一人で行けてありがたかった。


その後、出張の疲れからか体調が悪くなってきたと横になってたのだけど、以前ならここで、仕方ないとは思いつつ「なんのために来たんだよ!使えないなー」とか(^_^;)イラっとしてたのが、全然そうじゃなくて、

「ごめんな。もうちょっと寝てたら治るから」

という彼に、

「いいよいいよ、気にしないで横になってて」

と心から言えた。


で、何度も謝るから最後なんて、肩に手置いて

「ここも(あなたの)家」

って笑顔で言ってる自分がいてびっくり。

前なら絶対言えなかったぞ。


うーん、我ながらすごい!


感謝ばかりって、なんて穏やかなんだろう。

「人の気持ちを考える」ことをやめた

こんにちは。

カオリです。


タイトルの通り、最近、「人の気持ちを考える」こと、人の気持ちを考えて行動する」ことをやめました。


真穂さんのコース受講してる途中からなるべくそうし始めてはいたけど、このところ、子どもたちが、

「こう言ったらこう反応するだろうなあ」とネガティヴ方向にわたしが想定していたことを見事に覆してくれて、

「わ!あれはほんとに全部わたしの妄想、幻だったんだ。。。」

とわからせてくれる出来事が連発。


そして、おとといからはさらに加速。

上の子がアスペルガーと診断されて、

http://kkaorim.hatenablog.com/entry/2017/03/22/232451

アスペルガーについていろいろ調べ、遺伝的要因のことも書いてあったから「もしかしてわたしも?」とか思いつつ読んでいたところ、アスペルガーの特徴として、

・人の気持ちがわからない

ということが書いてあって、自分にアスペルガーの傾向があるかどうかはさておき、

「わたしってそもそも、人の気持ちってほんとにわかってたのかな?

その時その相手の気持ち、をわかるっていうより、単に、それまで遭遇したり見聞きしたことのあるケースから可能性が高いのを頭で考えてはじき出して対応してただけなのでは?

相手のこと考えるっていうより、無難な対応選んで自分が怒られたり反感買ったりしないようにしてたことが多いのでは?」

と思いました。


「人の気持ちを考えなさい!」

って言われるから、社会でもそれができないのはダメなやつと思われるからそうしてる、できるフリしてたけど。



で、そのことと、上で書いた、子どもたちが教えてくれた幻のことを考えあわせると、


それなら、いっそ、相手の気持ちなんか考えずに、自分が思った通りのこと言って、それに相手が反応してきたら、そこに対して対応したほうがよっぽどまともなコミュニケーションなのでは?


人の気持ち下手に考えて行動したら、取りこぼすのでは?


と心から思ったのです。


で、アスペルガーのこと調べてたら、女性のアスペルガーって男性のと違って見落とされやすいらしいんですが、その特徴がもう、ものの見事にほぼ全部かなり強くわたしの上の姉に当てはまってたので、長年鬱とその周辺症状と本人も周りも思ってたけどアスペルガーなのかも!そしたらいろんなことの対応方法変わるじゃん!と思い、姉に

「お姉ちゃんアスペルガーかも?!」

ってメールしました。


言い回しは多少考えたけど、前みたいにやたら相手の気持ち考えるふりの言葉入れず。

そもそも前だったら、お姉ちゃんにそれを伝えるべきかどうかかなり悩んで、真ん中の姉に相談して、またふたりであーでもないこーでもないとこねくり回してたと思う。


もー、そんなんムダムダ!

気持ち悪すぎる。

お互い中に入ってるのがなんなのかわからない粘土の塊みたいのの表面をなで合ってるみたいな。

そんなんしてたらあっという間におばあちゃんなるわ。


相手の気持ちはなるべく考えない!

自分の気持ちはしっかり見る!


もう、サクッサク、スパーッと行こ♡




「重く捉える」は、ほんとブレーキだったんだ

おはようございます。

カオリです。


最近、なんにせよ、自分で勝手に重くしない、重く捉えない、軽く♡するようにしてます。


そうしてみると、「重く捉える」って、ほんとにブレーキだったんだなって感じる。


そりゃそうだよね、重いんだから進みにくいの当たり前(笑)


当たり前、なんだけど、

「軽く捉えるな!」

「ちゃんと考えてるのか?!」

と言われ続けてわたしは、何事も重く捉えるほうが賢い、軽く捉えるのはバカ、しっかり考えないのもバカ、だから重く捉えよう、重く捉えてるフリだけはせめてしよう、怒られないように、、、として来たんだな。


なんて馬鹿馬鹿しい!


もうそんな馬鹿馬鹿しいことやめます。


軽く捉えるからって何もしないとかじゃなく、軽く捉えるからサクサク行動にも移せるわけて。


いちいち、重く捉えて、重く考えて、重く決断して、重く行動、、、してたら時間かかるっつーの。


もうなんか、重く捉えさせないと、「先生」とかのケンイとか、いろんなショーバイとかが儲からないとかなんか、そんなのの陰謀なんかな?


あほらしー。


さ、ここでも、

「今までそんな風にしてきてしまった。。。長年してきたこと、変えられるのかな。大変だろうな。。。」

なんて重く捉えないで、サクッと変えてきます♡