自分を大切にして、生きてみる

いまから、ここから、やってみる。日々の記録。

はじめまして。

はじめまして。

今日からブログを始めました。

カオリと申します。

 

仕事では断続的ながら複数社で10年くらいブログを書いてきたのですが、こうやって、100%自分のために、人にどう見せるかではなく、自分をよりはっきり見るために書こうと思うと、心臓がどきどきして、筆が全然スムーズに進まず、まるで中学生がラブレターを書いては消し書いては消ししているよう!

自分で苦笑したり、「かわいいね~」と思ったり。

ちなみに41歳です^^;

  

ほんとに、慣れないことって、生きてる長さと関係なく、初心者なんですね。

 

この1か月、わたしの日々は、全体的にそんな感じです。

 

1か月前から何を始めたかというと、「ただのオンナ」青戸真穂さんの継続コースを受講し始めたのです。

 

わたしが真穂さんのブログに出会ったのは、そのコースの申し込みをす数日前。

その日、仕事中に、何の脈絡もなく突然「自分を大切にする」というワードが浮かんできて、

「自分を大切にする、ってなんやねん!(そんなんめっちゃできてない。全然してない。てか、どういう意味かわからん。どうやってすればいいねん。)」

って気持ちがわーーーっと出てきて、涙も出かけてきてしまい、

「いかんいかん、後でひとりでゆっくりこの気持ちを味わって考えてみよう」

と思い、夜、子どもを寝かせてからネットで「自分を大切にする」ってワードで検索してみて出会ったのがこの記事でした(↓)

 

santasantasan.hatenablog.com

 

 

この記事から読み始めて、ほかの記事もどんどん読んでいって、

「きっとこれだ!」

って思ったんです。

 

それで数日後、継続コースを申し込みました。

小さい子どもがふたりいるけど、シングルだけど、今パートだけど、受講料払うことには全然迷いがありませんでした。

 

ネックになったのは、今奈良に住んでいるのですが、東京まで行ってセッション受けて帰ってくるまでの間こどもたちをどうするか。

でも絶対受けたかったので、方法を考えて真穂さんに相談すると、なんと、近く(京都)まで来ていただけることになり、コースがスタート!

 

したのですが・・・・・

 

なんと、初セッションから1週間で、真穂さんから、「もう無理です!っていうか、嫌です!返金口座教えてください」と申し渡され、終了に。

 

わたしの受講姿勢のあまりのひどさによる中途終了でした。

 

真穂さんのブログ12月前半くらいのところのできごとです。

 

わたしが、ハリボテのプライドをしっかり握りしめたまんまだったから。

 

真穂さんは100%本気だってわかったから、蒼白になって返金口座お伝えして、「お金払ってさえ断られる自分」の姿を、その原因を、やっと見つめることができました。

 

その後、真穂さんがもう一度チャンスをくださって、継続できることになり、今日2回目のセッション(電話)を受けたところです。

 

 

この一か月、たくさん気づきがあり、生きるのが楽になってきました。

前は、自分を好きになりたい、って思っていたけど、そもそも、自分を好きになる自分って誰?自分でいる、自分である、ってことが先なんだなって思うようになりました。

で、自分ってとこに立ってれば、好きだとか嫌いだとかってあんまり考えないんだなと。

 

 

・・・と、このあたりで、子どもたちのお迎えの時間なので、今日はここまでとします。

 

読んでくださり、ありがとうございます。