読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を大切にして、生きてみる

いまから、ここから、やってみる。日々の記録。

夢②

おはようございます。

カオリです。


ここのところ、自分の気持ちに意識を向けていると、全部自分が望んだ通りになっているんだということが体感としてどんどんわかってきて、今まで足かせと思っていたものはないんだ、自分で作ってただけなんだ、どうにだってできるんだ、と軽くなってます。


その一方。

「望む通りになる。じゃあ望みは何?」

って問いへの答えがなかなか出て来なくて。

それで、生理前もあるけどなんか逆に重い気分になったりもして。



それで昨日の夜、

「今現状のお金だとかなんとか、縛り(と思いがちなもの)が一切なかったらわたしはどうだったら幸せだろう」

と考えながら寝ました。



すると、明け方見た夢。


元だんなに

「わたし婚活することにしてん。誰かいい人おらん?」

と聞いてるシーン。


あと、次のシーンでは、今と違う見たことない家で、パートナー(いま知らない人。顔とかわからず雰囲気だけだったけど)といて、ラブラブ♡

そこに子どもたち(今いる子どもたち)が起きてきて、「おはよー。チュッ」とかしている。



で、目覚めた。



目覚めた時は

「ああ、いいなあ。そんな生活。」

と、ぼーっとしてたんだけど、次の瞬間、元だんなとの関係のこととか子どもたちのこととか年齢とか、いま全然恋愛モードじゃない自分のあらゆる状態とかとかとかが思い浮かんで、次々と「あり得んあり得ん」という言葉が湧いてきて醒め醒め。


「そうだよねー、最初よくても誰かといると長くいるうちに辛くなるしさ。ひとりで思うようにやれないとわたしは無理な人だし」「柄じゃない柄じゃない」「今からまた結婚なんて大変すぎ!」「無理無理」という合いの手も次々入る。



これが心の中で起こってることなんだな。

一番奥の気持ちは、起きてる時はぎゅうぎゅう蓋されて出て来れない。



これら、次々と浮かんでくる言葉たちに対して(というか、それを出してる自分に)、厳しく突っ込みもする一方、責められないなって気持ちも出てくる。

そういう言葉出したくなる元にある、悲しかった気持ちとか、そういうのをそもそもちゃんと見てなかったもんね、ごめん、って。


さ、そこに取り組むぞー!