読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を大切にして、生きてみる

いまから、ここから、やってみる。日々の記録。

自慢ばっかりな人への「モヤッ」を明らめ

おはようございます。

カオリです。


昨日、仕事で事務員研修がありました。

10何カ所かある事業所から事務の人たちが集まって、前半はレクチャー、後半はグループワークでした。


そのグループワークのとき、すっごい自慢ばっかりのひとがいたんです。


もう時間の半分以上自分の自慢!

いろんなトピックあったけど、主に、「いかに自分が人に頼られてて、仕事もできて、その結果仕事がどんなにに増えてて大変か。(でもデキるからなんとかこなせちゃってるんだけどね)」って感じ。


以前に比べたら、わたし人のことあまり気にならなくなったんですが、この人の話には、強く「モヤッ」を感じるところがあったので、

「あ、これはまた自分を明らめるチャンス!」

と思い、その場では存分にモヤ感じてました。


で、夜寝る前と起きてから、明らめてみました。


その結果気づいたこと。


いろんなトピックの自慢あったけど、わたしは、彼女の「わたしは仕事デキる」「所長に頼られてる」系のネタにはあまり反応してなくて、「スタッフみんなが話しかけてきて、保健室みたいになってる。それで離職率も低い」「休日もわたしのLINE鳴りっぱなし」ってとこらへんに強く反応していた。


で、気持ちをじっくり見てみると、わたしは「ほんとはそうあったほうがいい(みんなの話を聞いてあげて、事務所が癒しの場になるほうがいい)けど、できてない。」と、やましく思ってた。


て、それを見ないようにして、「あの人自慢ばっかりしてヤダ」と感じた。


で、一瞬、じゃあみんなにせめて挨拶をもっとしっかり笑顔でしよう、プラスアルファの一言かけようかな、とか思った。



でも、もっと深く気持ち見てみた。

ほんとにそうありたいのか?


そしたら。


ごめん、わたし人の愚痴むやみと聞きたくない。

全然保健室の先生になりたくない。


そんなら、変なやましさ持つ必要ない。

まず自分の仕事ちゃんとやり遂げること、それとやっぱり、自分を自分で満たすことが先だ。


そうする中で人の態度や話しかけられる内容がかわったらそれはそれだけど。


自分の中で隠し持ってたやましさに気づくって、ほんとスッキリ!

見ないふりしてても、なんか有害ガスみたいなの心の中で吐き出してたんだな〜って。

まだまだ明らめるぞー。