読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を大切にして、生きてみる

いまから、ここから、やってみる。日々の記録。

明らめて手放せたら翌日予期せず叶っていた!

こんばんは。

カオリです。

 

今日はすごく気づきの連続の日でした。

まずこの記事ではそのうちのひとつを。

 

わたし、昨日明らめたことがあります。

 

これ、かなり書くの恥ずかしいですが、書いてみます。

 

わたし、今まで何度か、真穂さんのブログで、真穂さんへのメールやブログを紹介していただきました。

明らめたのは、そのことについて。

 

紹介していただいたことは、うれしい。

でも、でも、、、 さらにわたしが感じていたこと。

 

「真穂さん、もっとブログ上でわたしのことほめてくれないかなー。 もっと他の受講生の人みたく、絶賛してほめてほしいなー。 “カオリさんは、セッション料金返金で中途終了になりかけたのに、こんなにすごくなったんです!”みたいにドラマチックに!」

 

・・・・・オイッ!!!

 

いやー、直視して初めて気づいた。

そのバカさ加減に。

返金して終了になるときの、あの気持ち忘れたんかーーーい!

それをなんか、悲劇から立ち上がったヒロインになる舞台装置みたく利用しようってんかい!

なんつー醜い。。。

なんつー底の浅さ。 

三歩歩いたら忘れるというか。。。 

お前、気づいてきてたんだろ? 人の評価じゃなく、自分にとって大事なことが大事なんだ、って。 ブログ書く中でだって毎日気づかせてもらってるじゃん。

自分にとってすごく大事な気づきでも、はてなスターほとんどないこともあれば、軽く書いたことが想像以上のスターもらうこともあって、そこから「結局、自分にとって大事なレベルと人からの評価は全然一致しないんだ」って。

 

それが、おーーーい!

他の受講生よりほめられたい、しかもブログ上で、って、他人からの評価目線にサクーーーッと戻っちゃってるじゃん!

 

それ自体が、まだ大したことないぞってこと証明しちゃってる。


 

・・・それを直視したら、もう、真穂さんブログ上でもっとほめて〜〜って気持ちはスーッと消えました。

 

で!

驚いたのは今日。

 

真穂さんのブログ見たら、昨日の明らめ以前に、わたしが「こんな感じで書いてくれたらなあ〜」(あー、ほんとに恥ずかしい。。。)と、妄想していた文面、ほぼそのまんまに、真穂さんがわたしのこと書いてくださってた〜〜〜!

santasantasan.hatenablog.com

この中のKさんがわたしです。

 

もう、書いてもらうこと求めてなかったから、純粋に、とってもとってもうれしかった。

感激。

 

前のように「書いてほしい〜」って思ってたときは、どこか、「書いてもらって当然」みたいに感じてたから、書いてもらえてないのがおかしい、書いてもらって当然、、、だから(ほんとゴーマン過ぎて顔から火が出そう)、もし書いてもらったことろで、マイナスがゼロになっただけで、全然受け取れてなかったと思う。

 

もーわたし、「明らめ命!」(笑)

明らめ、さらに加速していくぞー!



【追記】

一度アップして、数時間後に気づいた。

わたし、この記事書いてて、自分がやっちゃってたことそのものへの恥ずかしさ単体じゃなく、それを人に知られることの恥ずかしさが加わったから、そこで、自分の中で感じてたのとは種類の違う「わたしってダメなんです」って粉をこの記事全体にまぶしちゃってた。

だからなんか後味の悪さが少しあり。

「こんなこと思っちゃってたけど、ちゃんと気づいたから許してくださいね」「気づいてちゃんと自分責めてるから、真穂さんがほめてくれたブログ紹介してもいいでしょ?」みたいな。


うおー、手強いぜ。


でも、ブログ初めてほんとによかった。

ブログって、こうして人の目意識するから、普段人と関わる中で自分がやっちゃってることを、文章として残る形で、振り返りやすい形で見せてくれるから。


読んでくださって、人の目役になってくださってるみなさま、もちろんそのために読んでくださってるんじゃないわけだけど(^_^;)ぼとにありがたいです。

ありがとう!