読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を大切にして、生きてみる

いまから、ここから、やってみる。日々の記録。

真穂さんの音声がまた、マジですごかった! → 前回の記事の明らめをさらに明らめ

 

こんばんは。

カオリです。

 

さっきの記事をアップした後、今日は子どもたちがサクッと寝付いてくれたので一緒に眠ってしまわず、真穂さんの音声

http://santasantasan.hatenablog.com/entry/2017/02/18/082341

を聞けました。

 

いやーーーーーー!

前回もすごかったけど、またすごかったーーーーー!

 

さっきの自分の記事の明らめのぬるさが浮き彫りに。

 

といことで、さっそく、真穂さんがご自身の「恥ずかしい」(とご本人がおっしゃっているけど、わたしからすると、「それをそこまで恥ずかしいと言う真穂さんがかっこよすぎる」)エピソードをもとに公開してくださった書き出し方法をやってみました。

 

先にお伝えしておきますが、ノートに6ページにわたってごちゃごちゃ書きなぐったものをただ平打ちするので非常に読みにくいと思います。

 

お題は、

「ブログの読者数を気にしたり、読者の機嫌取りをして受け取れない」ことについて。

 

Why?

嫌われたくない

 ↓

えっ!!

わたしって、別に友達たくさんいらないし、「人に好かれるため~」みたいな本とか、フンッって思ってたやん?

 

好かれたいん?

 

うー、、、てか、好かれたらうれしい。ほっとする。あったかい。

 

へー、そうだったんやー。

 

なんか、「好かれたい」って、恥ずかしい。

 

Why?

 

自分から言うもなあ、かっこ悪い、てか、好かれたいと言わずに好かれたい

 

へぇー。好かれたいんや。

 

恥ずかしい。。。

 

好かれたいんやねー。うん、そっかー。

 

なんで今まで気づかなかったん?

 

自信ない。断られるの怖い。

だから、好かれなくていい、って思ってた。

でも、「好いてもらえるかも」って思ったら食いつく。

 

さびしかったんやね。

うん、そっか、さびしかった。

 

正直、東京いるとき、渋谷でしょーもない男に声かけられんのもうれしかった。

それは昔のこと、今ならそんなどうでもいい男に声かけられたくなんかない、って思ってたけど、今も変わってない。

 

さびしいんかー。

さびしいさびしい。

 

なんで?子どものときから?

 

うーん、さびしい。

 

そしたらそりゃ、なんの関係もないわたしのブログ読んでくれる人いたらうれしいよなあ。

うん。

当たり前やん。うれしいよ。

いーんちゃう。読者気にしても。

喜ぶ自分否定しなくていいやん。

 

心寒い。

何でだってあったまりたい。

どんな人だって、読んでくれたら、読者登録してくれたらうれしい。

強がってあんなん(「読者関係ない!」みたいな)書いたけど。

 

こうやってても、こうやって書いた内容早くアップして読んでほしいって思ってるし。

  ↑

人への渇望

  

え?!わたし人好きじゃないんじゃなかったん?!

知らんかった・・・。

 

ほんとは職場の人にだって好かれたい。

「どーでもいい」とか、心からは思ってない!

 

じゃあそれ(どーでもいい)なんやったん?

そういったん思ってみたかったんかな?

 

うん、わたしの人生に関係ないし、別に友達になりたくないけど、好かれたい。

  ↑

ギャー!!!

 

わたしって、別に好きでもなくて友達にもなりたくない人にも好かれたいんだ。

知らんかったーーーーー。

 

だから、ブログでも、読者の人のことどうでもいいけど、好かれたい。

 

でもこんなこと書いたら嫌われるかも。

もう読んでもらえないかも。

 

そう思うと、「どうでもいい」ってことを隠すか、「好かれたい」ことを隠すか、どっちか。

 

それを自分にも隠してたから、読者数何度もチェックしてる自分がやましい。

 

じゃーどうするか?

 

まず、そういう自分をまず自分が受け入れる。(JOEさん言ってたみたいに「そうなんだな」って。)

 

=わたしは、どーでもいいと思う人いっぱいいるけど、どーでもいい人からも好かれたい!

 

それを隠さず言ってみる。

「好かれたいです」

 

今まで、好かれたいっていうのがなんか・・・

そのために、嘘でも「好き」ってこっちからまず言わないといけないと思ってた。

 

でも、別に好きじゃない!

てか、知らん人だし!

 

でも、知らん人からも好かれていたいし。

 

言ってみよう。

「好かれたいです」。

 

怖えー!断られそうで・・・。

 

自分が「好き」っていうのは別に、つきあってくださいとかいうのじゃなければたいていそんなに嫌がられたり自分が傷ついたりしない。

 

でも、好かれたいから好き、っていうのはなんか汚い!

 

わたしは、好きと言わずに好かれたい。

 

てか、好きじゃないから、好きって言えん。

 

全部をさらして、やってみよう。

自分の願い叶えるために、自分の中の男性性勇気を出してみよう。

 

せめて、まずはブログで。

 

好かれたいです!

 

読者になってください!

 

お知り合いに、このブログを紹介してください!

 

 

長々とお読みいただき、ありがとうございました!