自分を大切にして、生きてみる

いまから、ここから、やってみる。日々の記録。

叶えることリストの順番待ちのこと。待たせても中途半端に満たさない。

おはようございます。

カオリです。


昨日の記事の最後に


(しかし、、、こうやって叶えることリストにどんどん追記されてくんだけど、でも叶え方を妥協しないようにすると、なかなか追いついてない(^_^;))



って書きましたが、わたし、どこででも気づいたら書き込めるように、叶えること(つまり自分の望んでること)を、スマホでメールの下書きのとこにどんどん書き足していってるんですが、ほんと、日々たまってます(^_^;)


というのも、書き足されるんだけど、叶えるのはひとつひとつだし、日々仕事とか家事とか子どもたちのこととかしてて使える時間の中でやってくと、そうサクサク進まない。

(こうやってブログ書くことも叶えたいことで、それだけで終わる日も多々あり。)


さらにサクサク行かない要因は、叶え方を妥協しなくなったこと。


前なら、欲しいものがあったらネットでちゃちゃっと検索して、「まぁ、ありかな」と思える質と値段のものをさっさと買ってました。

でもそれやめて、ほんとに満足できるものを買おうと決めた。


そうやって時間かかるけどひとつひとつちゃんとやってると、もどかしくもあるけど、

「やっぱりこのほうがいいよね」

とも思う。


なぜかというと、なかなか順番が回ってこない子は待ちくたびれそうになったりもするんだけど、以前みたいにそこで適当なものでお茶を濁さないと、ちゃんと、「満たされてない」ことを自覚し続けられる。


例えば、叶えたいことリストに長く入ってるものの中に、「お皿を買い替える」というのがあるんですが、毎日、何年も使ってる100円ショップのお皿で食べるたびに違和感感じて、

「わたしはもっと素敵なお皿で食べたい!」

って思える。

その気持ちがたまる。

これが、今のがいやだと気づいても、とりあえず近くのニ◯リで今のよりましなお皿買ってきてごまかしたら、完全には満たされないけど、「ま、これでいっか」ってなって、満たされてない気持ちが見えなくなる。

※100円ショップやニ◯リが悪いというのではなく、そこにある手頃な値段のものの中からまあ許せるというものを買うことについて言ってます。念のため。


待たせたらいけないって思ってたけど、でもそれって、子どもがご飯待ちきれないからってスナック菓子かなんか渡しちゃって、ご飯できたときにはもう食べる気なくしてる、っていうのと同じだなと。


だから、待ちくたびれそうになっても、

「必ず満たすから、待っててね!」

と言いつつ、他のこと満たして、

「こういう風に、あなたもしてあげるからね!」

って、見てもらいながら待ってもらってます^ ^