読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を大切にして、生きてみる

いまから、ここから、やってみる。日々の記録。

復活。いろいろ解明。やっぱりわたしは大丈夫だった!

こんにちは。

カオリです。

 

ようやく復活してきました!

 

このどーんと沈んでて心身絶不調期間は、「落ち込むこと」をちゃんとしよう!っていう、そのサインが全方向から来てたんだと思います。

だから、この期間中、不思議と、安易な手助けとか気持ちが軽くなるような言葉がかかることがなくて、どーーーんと落ち込んでました。前回のブログのあとは、うるさい頭の中の声もかなり減ったので、ただただ落ち込んでる自分を感じてました。

 

そして、昨日から今日にかけて、わかってきた!

わたしがずれてってた原因が!

 

全部がそれかわからないけど、今回についてはこれが大きかったんだー!ってこと。

 

先月さきこさんにフェイスブックのフォローページ(notebookセミナーの)で質問の回答としていただいた、「サクッと軽く♡」の意味を捉え違えていました。わたし。

 

「よし!重くとらえずに、サクッと軽く進む♡」

と決めて、さきこさんからのその返信の画面をスクリーンショットして携帯の待ち受けにまでしてました。

 そして、サクッと軽くどんどん進んでる気になっていたけど、でも、そもそもその言葉の捉え方が違っていた。

 

それに気づいたのは、以前フォローページでさきこさんにした質問のお返事を昨日「遅くなってごめんなさい」っていただいて、その中でまず、

 

----------

 

そうですね!時々「落ち込むこと」を無意識ですっ飛ばして思考で色々回避する方がいます。

 

----------

 

という言葉があり、ハッとしました。

 

そして、なんと昨日は奇跡的にさきこさんとチャットのようにリアルタイムで質問と回答のやりとりをするという幸運!で疑問がどんどん解けていきました。

その中で、上に書いた、「サクッと、軽く」の意味をわたしはわかっていなかったということに気づき、質問して、質問した後に自分でも気づいたことがあり、こう書きました。

 

-----------

 

わたしが悲しいという感情による落ち込みすっ飛ばしてしまっていた原因に今思い当たりました。 わたし、前にこのフォローページで質問ささせていただいた後、「そっか!重く捉えるのやめよ。サクッと、軽く♡進もう」と決めたんです。 でも、きっとそれがなにか違ったんだと思います。 わたしの「サクッと、軽く♡」は、女性が落ち込みかけてるの見て「深刻に考えるなヨ。ま、楽しく行こうゼ」って肩を抱くいう頭悪い男みたいな男性性だったんだと思います。 サクッと、軽く♡進もうと考えるのは男性性でいいのですか?そして、どういう男性性でしょうか?

 

(しばらく経ってからまた送信↓)

 

さっき質問した後考えました。 実際の男性に置き換えて考えたら、女性としては、落ち込んでいたら話をとことん聞いて寄り添ってほしい。 そしてその後、じゃあどうしようか?と行動を考える時になったら、落ち込んでる女性の気持ちに引っ張られて行動も重く、おおごとと捉えて決めるのではなく、ことの大小の判断はせず、ただ、最善の一手は何かと平常心で考え、過去の自分の狭い経験や周りの目とかにも判断をゆだねず決めて進むという、とらわれのなさというか、そういう感じが「サクッと、軽く♡」なのかな?と思いました。 気づかせていただいて、ありがとうございます! バカな男性性と、その男性性に引っ張られて気持ちを引っ込めていくしょぼい女性性でどんどんずれていくところでした。

----------

 

そうしたら、

 

----------

 

そうですそうです! 「深刻にしない」というのは 落ち込まない、とかどっぷり感じない、という意味ではなく 「決める段階」においてサクッと進むという意味です!    どうせサクッと進めるから どっぷり浸れますし、しつこくムカつけますし、めっちゃ怒れます笑    どうせ軽く進めるから笑❤︎    男に置き換えたら 「まあそんなに深く悩むなよ!」と言っておきながら いざとなると「何もできない。重い。責任をなすりつけてくる」低脳男じゃなくて    ただ「そうか・・・」と聞いてくれ いざという時には「いけるいける!絶対なんとかなる!ならなくても大丈夫!笑 どうせ俺がいるから!」っていういい男みたいな感じです笑

 

----------

 

この、いただいた返信、読んでしばらく動けなくなって、10分くらい何度も何度も読み返してました。 どうせ軽く進める(!!)からどっぷり浸かれる!しつこくムカつける!めっちゃ怒れる! んだ。 ・・・そっか。。。

さきこさんがおっしゃるからこその深み重みはあるのは大前提として、わたしの男性性、なんて腰抜け男だったんだろ。 女性性の声聞いちゃってもどうしていいかわからないから、学校とかどっかで聞いてきたそれらしい言葉持ち出して抑えつけてた。まだ。

ノートに気持ち書くことしていたけど、あまりに目にもとまらぬ早業で男性性が女性性を抑えつけてると、その後の気持ちから明らめようとしはじめていて、どうもすっきりしないなということがありました。

(子どもがアスペルガーと診断されて、「ショックじゃない」って思ったけど、あとで悲しかったことに気づいたときとか。)

そして、あと、ちょっと調子がよくてうまく進んで、つまづくと、「ほーら見ろ、調子乗るとそうなるんだよ」とか。。。 こうしてみると、考えてみたらさきこさんが本やブログで書いてくださってること、真穂さんがブログやセッションで言ってくださったことそのままなのですが、わかってませんでした。 うーん、すごい。。。 さきこさんのコメントの最後のセリフ、言える男性性育てたい! まずは女性性がもっとはっちゃけます。

過去に感じてたけど抑えつけてたことがないかも、明らめていく。

 

あと、今回のことでますます決意。

 

やっぱり、わたし、もうだめかなとか思ったけど、やっぱりだめじゃない。

ブログに、「そのとき思ったことだけ書く」(思っていても書けてないこと、言葉足らず、は多々あっても、思ってないことは書かない)ってことが、ちゃんとできている。

これは、以前のわたしとは全然違うこと。

 

わたし、小学生のころに大人が喜ぶような文章というのを覚えて作文コンクールでは出せば受賞。

大人になって、このブログで書いたことなかったけど、自己啓発分野でかなりメジャーなベストセラー作家の方の元で働いていた(商品ページ作ったりメルマガ書いたり)こともあり、そこで、「たとえ、思っていなかったとしても感謝の言葉を言ったり書いたりすることも大切」(※もちろん教えはそれだけではないです。)ということを覚えて、ビジネスでも日常でも、話し言葉でも書き言葉でも思ってない「いい」こと書くのがさらに加速。

しかもそれをきれいごとに見せないためちょっとカッコ悪い自分を戦略的に自己開示したり^^;

(その方の教えに今全面的に共感するかというとそうではなくて、もう新刊も読まないけれど、その方と出会ったことはわたしの人生の大きな転機で、とても感謝していることは一生変わりません。)

 

そういうこと、このブログでは、というか、日常でも、会話の中ではやっちゃうことあるけど点検しながらできる「書く」ということでは、メールでもやめている。

 

だから、調子乗ってる自分も、前なら「ちょっとこんなのやめとこうかな」って引っ込めたけど、そうせずにそのまんま書いてるから、もうコース卒業しているというのにありがたいことに、真穂さんから音声やブログの中でメッセージいただけた。

痛かったけど、受け取れた。

 

前に真穂さんが電話セッションの中で、「全力でやっていったら、衝撃波(外界の縁からの)も大きい。その衝撃波で、ずれてるってこととか教えてもらえるから」っていう内容のことをおっしゃっていて(※その後、「全力」ではなくてもいいよ、とのことでしたが。)、それを今回体感できました。

(衝撃波大きい、ってのも自分が勝手にそう感じてるだけなんだなーって思うけれど。)

 

やっぱりわたしは、大丈夫だった!

 

ほっ。

 

久々にすっきりしました。

そう、体調のほう(疲労感、すごいだるさ)もなくなりました。

おそらく、実際毎年の春のデトックスもあったと思うのだけど、ベストなタイミングで体の声聞けて全身マッサージ丁寧にしてもらえたから、それでデトックスが加速して、えらいことになったんじゃないかな。

おかげで、いつも結構不調が長引くのが、施術後2日ですっきり抜けました。

うーん、進化してるじゃん、やっぱり♡

前日夜に「マッサージしてもらおう」って思って、検索して初めて行ったサロンだったけど、いいところに出会えたのもありがたかった。

よかった~。

 

おお、今日は手放しの満月ではないですか!