自分を大切にして、生きてみる

いまから、ここから、やってみる。日々の記録。

それでわたしは、ほめられるとずれてくのか!

こんばんは。

カオリです。


今日、謎が解けました。


わたし、今までの人生どうも、調子に乗りすぎると失敗する、痛い目にあう、って思ってたんです。


それが、もうちょっと紐解けた。


昨日、真穂さんとメールなどでやりとりさせてもらう場面があって、その後の自分の気持ち見て気づいた。


調子に乗ること自体が悪いんじゃなく、調子に乗り方、「ほめられる」ことで変に調子に乗ることでずれてくんだ。


そもそも、人からほめられるには、その「もと」となった自分の言動などがあるわけで。


で、その「もと」(昨日のわたしの例で言えば、自分の気づき)そのもとが自分にとって大きな喜びで、幸せなわけです。


そして、それを人からほめてもらうと、さらにうれしくなる。


が!

そのうれしさ、の中身が問題だったんだ。

わたしの場合。


人にほめられると、その「もと」自体の喜びが、人にOK出してもらえた、承認してもらえた喜びに置き換わってしまう。

「もと」の喜びが、人からの承認の喜びで覆われる、もっと言えば濁ってしまう。


これ、イメージとして、買い物をしてそれを得た時点で喜びなはずなのに、ポイントカード使うと「得した♪」って喜びで、受け取ったこと自体の喜びが濁るのと似てる。


そうして、わたしは、ほめられた「もと」を持ったままならそのまままっすぐ進めるのに、人からの承認の喜びでねじ曲がっちゃって、それでずれてくんだ。


そっか。。。

そこまで、人からの承認を、喉から手が出るほど欲しかったんだね。

渇望してたんだ、承認してもらうことを自分に望めないから。。。

長年、こんなにも自分で自分を認めて来なくて、ごめんね。


ほめること、ほめられることが悪いわけない。

もちろん。


人からほめてもらえたら、その「もと」を得たこと自体の喜びがさらに増すような在り方をしたい。


そのためには、もっともっと気持ちを見て、自分の気持ちネグレクトしないで認める!

とにかくノートに書く!


何を得るとか得ないとか以前に、とにかくそれだけはやると腹をくくります。